個人年金保険

大家族.gif

若いうちに個人年金保険に入り、老後の生活資金を年金として受け取れるようにしておくと安心です。

しかし、個人年金保険のしくみを理解しないまま、保険会社が勧めるがまま保険に入るとトラブルのもとです。必ず個人年金保険のメリット、デメリットをきちんと承知した上で契約しましょう。


返戻率の高いおすすめの個人年金保険はこちら

 

個人年金保険に入る前にこれだけは知っておこう

日本には年金制度があります。

ねんきん定期便 最近は年金未加入の問題がありますが、ほとんどすべての日本人は、65歳になると年金を受け取ることができます。

「ねんきん定期便」を見ると、自分が将来受け取れる年金額を知ることができます。きちんと確認しておきましょう。平成22年12月現在、受け取ることのできる老齢基礎年金の最高額は792,100円/年。1か月に換算すると66,000円ほどです。

日本には、このように公的年金を受け取ることができる仕組みがあります。
ですから、「公的年金では足りない分をカバーするために、民間の個人年金保険に加入するのだ」ということを念頭において、自分に合った個人年金保険を探しましょう。


老後に必要な最低生活費は夫婦で22.3万円

老夫婦 生命保険文化センター「生活保障に関する調査/平成19年度」によると、夫婦2人で老後の生活を送る上で必要と考える最低日常生活費は平均22.3万円です。

景気や社会情勢によっても、必要最低生活費はかわってきますが、この22.3万円をひとつの基準として考えると、どれくらいの年金額のもらえる個人年金保険に入るべきかわかってくると思います。




個人年金保険の種類

個人年金保険には、「確定年金」「終身年金」「保障期間付終身年金」「変額年金」「外貨建て年金」などさまざまな種類がありますが、その中でも「確定年金」と「保障期間付終身年金」が人気で、多くの保険会社が販売している年金商品はこのどちらかに該当します。

<確定年金>

確定年金保険は、年金を受け取れる期間が決まっている保険です。5年間年金が受け取れるものを5年確定年金と言います。5年〜15年の確定年金が多いです。 ただし、例えば10年を選んだ場合、70歳すぎると年金は受け取ることができません。 個人年金保険にはさまざまな種類がありますが、ほとんどがこの「確定年金」保険になります。

<保障期間付終身年金>

一生涯死ぬまで年金を受け取れるのが「終身年金」です。終身年金の中では、「保障期間付終身年金」が人気です。 死ぬまで年金を受け取ることができる上に、保障期間が5年とか10年とか決まっているので、年金を受け取っている最中に被保険者が亡くなった場合でも、保障期間分の年金は遺族に支払われます。ただし保険料はかなり高くなります。


当サイトでは「確定年金」をおすすめしています。

確定年金と保障期間付終身年金の違い・選び方については、こちらのページで解説しています。



個人年金保険のメリット・デメリット


メリット

okane ■ 払い込んだ保険料総額よりも、もらえる年金総額が多くなります
もらえる年金総額が払い込んだ保険料の何%になるかを表した数字を「返戻率」とか「戻り率」と言います。 最近の個人年金保険の返戻率は110%前後です。

■ 個人年金保険料控除が受けれます
個人年金控除適用の個人年金保険に加入すると、一般の保険とは別枠での生命保険料控除が受けることができ、かつ所得税と住民税が安くなります。生命保険・医療保険加入で最高5万円の控除、個人年金保険加入で最高5万円の控除、両方入っていると最高10万円の控除が受けられます。

デメリット

■ 途中で解約すると損をする
普通10年くらいは払い続けないと、支払った保険料総額より少ない金額しか返ってこない。

■ 受け取る個人年金は雑所得となり、課税されます
しかし、最近の個人年金保険の返戻率は110%前後なので、課税されない人の方が多いですから、課税の心配はあまりしなくてよいと思います。


年金商品の選び方。比較するときのポイントは2つ


 返戻率(戻り率)が110%を超えているか?
当然この値が低いと貰える年金額が減るわけですから、必ず高い金融商品を選ぶべきです。110%超えが一つの目安です。

 生命保険料控除の対象になるか?

個人年金保険は、一般の保険とは別枠で生命保険料控除の対象になるのでお得ですが、ならない金融商品も存在しますので、控除の対象になるのかどうか?必ず確認しましょう。




当サイトおすすめの個人年金保険


住友生命 「たのしみワンダフル!」

住友生命 「たのしみワンダフル!」

すべての年齢で返戻率がトップクラスで高く、あなたのライフスタイルにあわせて、保険料を払込む期間や年金支払開始年齢・期間などを自由に幅広く設定できます。

また、年間の受け取り回数を「1回」「2回」「4回」「6回」「12回」から選べたり、保険料払込満了後から年金受取開始まで据置期間を設けることで受取額を増額させることも可能。

まさに資金形成にピッタリの魅力的な個人年金商品と言えます。

全国に保険窓口があり、相談だけなら無料です。(※事前予約が必要です)


年金支給開始年齢

年金給付期間

個人年金保険料控除

40歳〜85歳

5年 or 10年 or 15年(確定年金)

対象


※ 30歳男性(月1万円)のケース例

払込期間

65歳まで

総払込保険料

3,600,000円

支払開始年齢

65歳

総受取年金額

5,13,6000円

年金の支給期間

10年 (確定年金)

返戻率

約122.2%




東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」

東京海上日動あんしん生命

2015年6月までトップクラスの返戻率でしたが、7月から新商品に変わり若干利回りは低下。

ただし、業界で唯一クレジットカード払いが可能で、毎月カード払いするたびにポイントを貯めることができるので(例えば楽天カードならば1%のポイントが付きます。)、これだけでも通常の利率を遥かに超える効果があるので、まだまだ魅力です。

また所定の高度障害状態になったとき、もしくは不慮の事故を直接の原因として、その事故から180日以内に所定の身体障害状態になったときは、将来の保険料の払込が免除されます。


年金支給開始年齢

年金給付期間

個人年金保険料控除

60〜65歳

5年 or 10年(確定年金)

対象


※ 30歳男性(月1万円)のケース例

払込期間

65歳まで

総払込保険料

4,200,000円

支払開始年齢

65歳

総受取年金額

4,516,700円

年金の支給期間

10年 (確定年金)

返戻率

約107.5%




アフラックの「個人年金」

アフラック

月払保険料が5,000円から10,000円刻みでコースを選べます。

年金の支払い開始年齢を最大70歳まで遅らせて年金額を増やしたり、また年金としてではなく60歳時に一時金(総額)として受け取るなど、年金受取開始時にライフプランにあわせて選ぶことが可。

5年確定・10年確定の2種類を用意してます。


年金支給開始年齢

年金給付期間

個人年金保険料控除

60歳 (70歳まで繰り下げ可能)

5年 OR 10年 (確定年金)

対象


※ 30歳男性(月1万円)のケース例

払込期間

65歳まで

総払込保険料

4,200,000円

支払開始年齢

65歳

総受取年金額

4,623,200円

年金の支給期間

10年 (確定年金)

返戻率

約110%




詳しい資料も読まず、相談もせずでの契約は絶対しないでください。 返戻率は変更されることもありますし、個人年金は一生ものです。遠慮なく納得いくまで何度も質問しましょう。 難しい保険商品であるだけに、店舗に置いてあるパンフレットはとても簡潔かつ分かりやすく作られています。


選び方が分からない方はFPの「無料相談サービス」が便利


資料を読んでも選び方が分からない保険初心者の方なら、最終的に総合保険代理店が行なっている「無料の保険相談サービス」を活用するのがおすすめ。

保険の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談ができ、かつ特定の保険会社に属してないためマージンが高いものだけを薦められることもなく、あなたにピッタリの保険選びをお手伝いしてくれます。



サーバー