個人年金保険に入る前に知っておくべきこと

スポンサーリンク

個人年金保険に入る前に知っておくべきこと記事一覧

公的年金について

日本の公的保険には1.健康保険2.国民年金(厚生年金)3.労災保険4.雇用保険5.介護保険・・・等があります。個人年金保険に加入しようと思ったら、2の国民年金(厚生年金)についてまずきちんと理解しておくようにしましょう。歳をとった時に、受け取る給付金を私たちは「年金」と言っています。正式には、「老齢...

≫続きを読む

老後に必要な生活費は?

将来、歳をとって働けなくなった場合に必要な生活費を試算するのはとても難しいです。年金支給開始年齢(現在60歳から65歳に段階的に引き上げ中)になった時の状況によって、必要な生活費は変わってくるからです。その時に持ち家があれば、家賃は必要ありませんが、固定資産税ははらわなくてはいけません。このご時世で...

≫続きを読む

何歳から年金を受け取れるのか

多くの企業の定年退職年齢は60歳なのに、公的年金の支給が開始される年齢は段階的に65歳に引き上げられています。男性で昭和36年4月2日以降、女性で昭和41年4月2日以降生まれの方から、完全に65歳からの支給になります。60歳で退職した後、職に就かなければ、公的年金のもらえる65歳になるまでの5年間、...

≫続きを読む

生命保険控除とは

民間の生命保険に入ると、生命保険控除(せいめいほけんこうじょ)というのが受けられるのを知っていますか?9月〜11月ごろになると、自分が加入している生命保険会社から、「生命保険料控除証明書」とか、「保険料払込証明書」といった証明書が届きます。そして11月頃になると、会社から「給与所得者の保険料控除申告...

≫続きを読む

控除を受けられる生命保険は2種類

生命保険控除を受けられる生命保険には次の2種類があります。1.一般の生命保険2.個人年金保険1.一般の生命保険というのは、死亡保険や医療保険のことです。死亡保険というのは、死亡した時や、高度障害状態になったときに給付金を受け取ることのできる保険のこと。医療保険は、病気や傷害で手術を受けたり、入院した...

≫続きを読む

控除でいくら税金が安くなる?

さて、生命保険料控除を受けるとどれくらい所得税が安くなるのか?生命保険料控除は、1.一般の生命保険2.個人年金保険のそれぞれに対して最高50,000円、合計100,000円控除することができます。「え〜?100,000円も税金が安くなるの〜?」と思う人が多いと思いますが、そうではありません!税金の軽...

≫続きを読む

スポンサーリンク


サーバー