個人年金保険比較のポイント

スポンサーリンク

個人年金保険比較のポイント

年金に対する考えはひとそれぞれなので、「おすすめの年金商品はこれだ!」と限定することは難しいです。しかし、年金商品を比較するポイントがあるので、それを紹介します。

sck03_gpn02.jpg 年金商品を比較するときのポイントは次の2つです。

1.返戻率が110%を超えているか?

「返戻率」というのは、払い込んだ保険料総額の何%が年金として受け取れるかを表した数字です。
返戻率110%というのは、払い込んだ保険料総額が500万円だった場合、
年金として受け取る総額が
500万×110%=550万円+配当金
ということです。
昔は返戻率200%なんていう年金商品もありました。今は110%前後が相場なので、110%超えているかどうかチェックするのがポイントです。返戻率は少しでもいい方が、良い年金商品なのですが、さまざまな条件がついているがために返戻率が高くなっている保険もありますので、返戻率が高いだけで判断しないようにしましょう。

2.生命保険料控除の対象になるか?

個人年金保険は、一般の保険とは別枠で生命保険料控除の対象になりますが、
ならない場合もありますので、加入しようとしている個人年金保険が控除の対象になるのかどうか、必ず確認しましょう。

例えば、年金開始年齢は60歳以上で、年金支払期間は10年以上でなければ、個人年金保険の控除対象にならないので注意しましょう。

スポンサーリンク


サーバー